歯科矯正はインビザラインで行いたいです

対人関係において、初対面の印象は非常に重要です。初めて見た印象でほぼその人に対するイメージが構築されてしまうというデータもあります。人の顔のパーツのうち最も見られているのが歯です。歯が綺麗な人は、それだけで清潔な印象があって非常に好印象です。歯並びの悩みは多くの人が抱えています。歯並びを矯正するには歯にワイヤーを固定するなど、審美性が気になります。見た目が良くない為に矯正を躊躇している人はとても多いです。対人関係において歯に固定したワイヤーが常に見えるのは、誰でも抵抗を感じます。現在注目されているのがインビザラインです。ワイヤーではなくマウスピースを用いて歯を矯正する手法です。取り外しが出来るので、心理的負担も非常に少なくて済みます。これから先さらに認知度が上がれば普及率は爆発的に伸びていく可能性が限りなく高いです。

インビザラインの豆知識

インビザラインとは、今や世界で数百万人以上の患者の治療に使われている透明のマウスピースのような矯正装置のことです。ワイヤーを使っていないため、付けているかどうか、ほぼ気づかれることは無く、矯正治療後に見た目が気になる方にとっては嬉しいことです。普通に会話も出来て、喋った時、痛みもほぼありません。取り外しも可能なので、これまでの矯正装置のようにプラークが沈着することがないため、歯やその周りの組織を健康に保つことが出来ます。また、取り外し可能と言うことから食事も通常通り行うことが出来るため快適です。それに、歯ブラシで洗うことが出来るので衛生的でもあります。インビザラインはプラスチック製で作られている為、金属アレルギーが発生する心配がないため、金属アレルギーで一度、矯正治療を諦めた方も、安心して治療を受ける事が出来ます。

インビザラインを検討してみよう

歯並びが悪い方は、ワイヤー型の矯正装置を装着して長期にわたり治していく、という事が従来の治療方法でしたが近年はインビザラインという新しい矯正方法があるのをご存知でしょうか。インビザラインとはマウスピース型の矯正機器の事をいい、現在人気を集めている矯正方法です。矯正は痛くてつらい、というイメージをお持ちの方も多いですが、マウスピース型では移動量が0.25ミリと決められており、無理な力が掛かりにくいので痛みが少なくて済みます。歯茎や粘膜に当たって痛いという事も無く、口内炎が出来てしまう悩みもほぼありません。さらに、透明なマウスピースを使用するので装着していても目立た無いのも人気の理由としてあります。周りの目を気にされる方も多いですが、インビザラインであれば自ら言わなければ気づかれない程目立ちにくいです。気になる方は利用可能な歯科医院を探してみてはいかがでしょうか。