レーシック手術の利点とは

レーシック手術の利点を考えた時に、一番に考えつくのがメガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されることではないかと思います。これが最大の利点と言っても良いと思います。メガネをしていると、特に毎年夏場になると汗でメガネにその汗が付いて煩わしく思っている人は多いと思います。そして、汗がメガネに付くとその都度メガネを外してハンカチで拭いている人をよく見かけます。これは、かなり面倒ではあります。また、使い捨てのコンタクトレンズの人なら毎月のコストがそれなりにかかります。友人が使い捨てコンタクトレンズを使っていますが、月に3600円かかっているそうです。そういった煩わしい思いをしないで済む方法がレーシック手術です。レーシック手術を受けることでメガネやコンタクトレンズは、一切必要なくなります。ですから、メガネに汗が付くことも使い捨てコンタクトレンズを毎月買う費用もいらなくなるので、とても快適に過ごすことができます。

夫の生活を変えたレーシック

「コンタクトを付けているのが辛いんだよな」と私の夫は大学生時代に毎日のように話していました。近視で普段の生活にはメガネかコンタクトが必須な視力でした。運動をするサークルに入っていたこともあり、外ではコンタクトをしていましたが、自宅に帰ったらまずはコンタクトを外さないと目が充血して辛いような状況だったのです。本人にとってはかなりストレスになっていると傍で見ている私からもよくわかる状況でした。そのような状況でしたので、友人がレーシックのオペしたと知った時には自分もやりたい!と即決断。料金的にはけして安くはなかったのですが、それを超える魅力が彼にはあったようです。結果的に彼の生活は180度変わりました。オペ自体は短時間で終わり、数日の点眼を済ませた後の晴れやかな顔!裸眼でこんなに見えるのかと感激しつつ、長年のストレスから解放されていました。少し前まではこんな手術なんて考えられませんでしたが、医術の進歩はすごいなと私まで関心させられました。

レーシック手術のクリニックを選ぶポイント

最初に述べておきますが、レーシック手術は決して金額だけで決めては駄目ということです。確かにレーシック手術を受ける際には健康保険の適用ができないため、全て実費で支払うことになりますので、少しでも安く受けたいという心情は良く分かります。しかし、金額がどうとかという前にきちんと手術の実績があるのかないのかをまず考えなければいけないと思います。いくら安い金額で受けられても、手術実績も少ないクリニックで自分の大事な目の手術を託すことはできないと思います。また、手術の実績もクリニック選びには大事ではありますが、あともう一つ大事なことがあります。それは、手術機器が最新であるかどうかです。レーシック手術は日々進歩しているので、最新技術の機器を使っているクリニックでなるべく選択したいです。その方が患者さんにかかる負担が減るからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *