私が受けている胃カメラの検査はとても楽です

私は15年ほど前に甲状腺の病気になってしまいました。今も薬を飲んで症状を抑えています。若い頃から胃腸が弱く胃カメラの検査を受けることが多かったのですが甲状腺の病気になって甲状腺が腫れてからは検査が辛くなってしまいました。喉のところにある甲状腺が腫れていることで狭くなってしまい検査器具を通るとかなり苦しくて検査を受けるのがとても嫌いでした。そのことをかかりつけの内科の先生に相談したところ喉に軽い麻酔をして検査する方法がありそのやり方だと私のように甲状腺が腫れている人でも検査が楽だと教えてくれて病院を紹介してくれました。半信半疑だったのですが本当に楽になるかもしれないと思い紹介してもらった病院に行きました。簡単な問診の後に紙コップに入った液体を飲むように言われました。

飲む時にげっぷをしないでくださいと注意されました。あまり味はなくて量も少しだったので簡単に飲むことができました。飲んだ後はとくに自覚できる変化はありませんでした。これで本当に楽に検査できるのかと少し不安だったのですが検査室に移動して診察台に横になったらいつの間にか寝てしまっていました。看護師の人に起こされた時には検査は終っていました。検査器具が喉を通った感覚もなく痛みもありませんでした。気がつけば検査が終っていたという感じです。今まで苦しみながら検査を受けていたのが嘘のようでした。検査後にふらつくこともなくちゃんと歩くこともできましたし体調にも何も問題はありませんでした。喉から検査器具を入れるか鼻から検査器具を入れる方法が多いようですがどちらも苦手だ言う人の話を聞いたことがあります。そういう人にこの検査方法はピッタリだと思います。検査が苦手だから検査を受けるのを避けている人も多いようですが病気を早く発見するためにも体調に異変があればできkるだけ早く検査を受けたほうが良いです。

私のように検査が苦手な人はかかりつけの病院や近くの病院で事前に相談すればその人に合う病院を紹介してくれるので一度相談したほうが良いと思います。私の周囲でも検査を受けている人は多いのですが私が受けた検査方法を知っている人はとても少なかったです。まだまだ認知度が低いようですがこの検査方法で検査をしてくれる病院はちゃんとありますので探せば比較的近くで見つけることができます。小さな病院だと胃腸を専門に診ている所だとこの方法で検査してくれる所が多いと聞きました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *